September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

欲望の赴くままに。


人をお誘いするとき、
相手の状況や事情を勝手に考えすぎて、
躊躇して
結局誘わずじまいということがよくある。

だけど、誘いたい!と思ったら
欲望の赴くままに
ダメもとで
誘った方がずっといいのだとわかった。
自分がそうされて嬉しかったから。

今回、どうしても都合が合わなくて
結局行けなかったけれど、
声をかけてもらったことが
とってもうれしかった。

だから、今度から自分も
誘いたいと思ったら
とにかく誘ってみよう、と思う。
残念ながら都合が合わずに断られたって、
また次の機会があるじゃないか。

JUGEMテーマ:つぶやき。

夏眠。

暑いのは苦手。
夏は嫌いだと言っていい。

不用意にはしゃぎすぎて
後ろめたい気分になるのも気に入らない。

でも本当は
父の闘病のあの夏を思い出すからなのは
自分でもわかってる。

「冬眠」みたいに
「夏眠」があればいいのに。

秋になったら
起こしてください。

いつも全力投球ばかりじゃいられない。

深呼吸。

まわりからよく「がんばってるね」と言われるけど
本人はそれほどがんばってる意識がない。
「がんばらなくちゃ、がんばらなくちゃ」と
自分を追い立てるようなこともない。

ただ自分のペースで歩いたり走ったり倒れたり・・・

いつも全力投球というわけにはいかない。
たまには手を抜くことも悪くない、はず。
そうやってアイドリングしているうちに
進むべき方向が見えてくることもある。

やるときゃ、やるさ。

人が見てようと見ていまいと
やるべきことはやり
手抜きもあり

最近そんな気分です。


JUGEMテーマ:つぶやき。

エコは?

自分の知っている範囲での話だけれど、
男性はエコロジーにあまり熱心ではない人が多いような気がする。気のせいだろうか?

暑がりで寒がり。

ちょっと暑いとすぐ冷房。
ちょっと寒いとすぐ暖房。

その前に一枚着るとか脱ぐとか
できることがまだあるのに。


お金で買える快適なら金をだすよ、と言うけど
未来の地球は?

もちろんちゃんと心がけている男性もいるはず。
やってない女性もきっといる。
おとなが当たり前にやらなければ
こどもには浸透しないだろう。

エコロジー、当たり前の世の中に。

抜けるような青空に。

080512_0758~01.jpg
昨日 たれこめていた雨雲が
気づけばいつのまにか消えて
今朝は抜けるような青空。

やっぱりどんな雲の上にもちゃんと青空はある。
もしまた明日曇ったとしても
いつかは晴れる。

顔を上げて、
歌いながら歩こう。

疲れたら休もう。

でも立ち止まったら
ため息じゃなく深呼吸しよう。

そんなふうに思う、今日の誕生日。

考察。

ふと考えたこと。

「無理しないで」

と言われると
別に無理してないんだけど、と、たいていは思う。
時には無理していても、気持ちが先に立ってそれが苦にならないこともある。
無理がどうしても必要なことだってある。

「がんばってね」は「自分には何もできないけど、心から応援してるよ」というニュアンス。
「無理しないで」は「あなたががんばっているのをちゃんと見ているよ」といったところか。



JUGEMテーマ:つぶやき。

オトナになるということ。

ずっと、髪はナチュラルが身上だった。
オシャレにアレンジをしている女の子を見るとうらやましかったけれど、実際、自分にはどうも似合わない。
だから「手を加えていない(ように見える)スタイル」にこだわってきた。
パーマをかけずにナチュラルウェーブが活かせるカット。
瞳の色に合わせたカラー。ダウンスタイルで、頑張りすぎないこと。

しか〜し、だ。

年齢を重ねると共に、ナチュラル勝負が通用しなくなってきたのだ。

髪が痩せてきたからか?
ツヤがなくなったからか?

若さがあれば素の髪だけで、充分なのだ。
ある程度の年齢になると、手をかけているほうが魅力的に見える。
やはりきちんと感がないと、オシャレには見えにくくなってくるようだ。

先日仕事でお会いした同じくらいの年齢の女性が、
漆黒のつやのある髪をきれいに巻き、シックでとても素敵だった。
ホットカーラーなら、朝、5分で巻ける。
これからはもう少し、自分自身に手をかけていこう、と気を引き締めた。

単純より、シンプルで。

「B型自分の説明書」が売れているそうですね。

我が家はO型一家なので持っていませんが、
母も妹も義母も義父も義弟も義妹もB型なので
1冊買ってみてもいいかな?(笑)

一筆書きでかけるO型。
O→A→B→ABの順で画数が増える分だけ
フクザツになっていくのではないかしら。(ウソ)

単純、単細胞、ってなんとなくマイナススイメージなので
これからは「シンプル」と表現することにしよう。(笑)

血液型なんてたった4タイプだからアテにならないよ、と
オットは言うけれど・・・
(ちなみに彼は星座占いも12しかないんだからアテにならないって言うんですよ、オイ!)

ハナからそう決め付けて見ているわけじゃないけど
やっぱり傾向はないこともない、気がします・・・

あなたの周りの人は、どうですか?

JUGEMテーマ:つぶやき。

ぱっつん前髪。

このところ、中島美嘉や安室奈美恵に代表されるような
ぱっつんと切りそろえた前髪がはやりつつあるらしい。
昨年までのエビちゃん系の斜め前髪は男ウケもよく
その勢いはすさまじいものがあった。
あまりの普及率に飽きられたとも言われているが、
斜め前髪は女の子を綺麗に見せると思う。

ぱっつん前髪は目元を強調するが、顔が幼く見えるので「若がえる」と
女性にはおおむね好評だが、男ウケは悪い。
しかもぱっつん前髪の子達は見えないのをいいことに
眉毛のお手入れがいい加減になり見せられないという(笑)
それってどうなのよ?

しかしいつもいつも男ウけのことばかり気にしてヘアスタイルを決めるというものでもないし、
やはり似合うものが一番いいとは思う。
ぱっつん前髪は維持が大変なので、ヘアサロンは活気づくのではないかしら。

さてモードなヘアスタイルでもあるぱっつん前髪は定着するだろうか。
小顔効果もある上に若返るとくれば、しばらくは猛威を振るうかもしれない。
しばらく静観しようと思う。
「やってみようかな」と言ったら、オットはぱっつん前髪、好きじゃないそうだ。

JUGEMテーマ:つぶやき。


はしゃぐ、ひと。

出掛けるとき母によく
「はしゃぎすぎなさんな」とたしなめられる。
根が単純なので、楽しいとついはしゃいでしまう。

でもそれはプライベートでのこと。
仕事のときは、極力キャハキャハしないように気をつけている。

取引先の女性で、やけに親しげな話し方をする方に出会った。
母の言うことがよくわかる。

大人の女性には、あまり相応しくない。
抑制の効いた、素敵な振る舞いのできる女性でありたいと思う。
<<back|<123456789>|next>>
pagetop