September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

水ようかん。

羊羹は甘すぎて
ちょっと苦手。

でも
水ようかんは好き。

つめたくて
やさしい甘さ。

夏休みの味がする。


JUGEMテーマ:夏休み


乾杯!

080530_1704~01.jpg
日比谷公園で開催中の、オクトーバーフェスティバルへ。
本場ドイツのビールを楽しめるイベント。初めて行くことができた。

残念ながら雨が降り、風もあってちょっと寒いけど、
いただきま〜す。

ドイツのバンドの演奏もあり、酔いがまわってきたお客さんたちが
どんどん盛り上がっている。
フード類もいろいろ。

6月1日まで開かれています。

おいしいもの。

080509_1238~01_0001.jpg

仕事で浜松に行きました。
本場の鰻をごちそうになりました。

ひつまぶしを、お茶漬けで。



» read more

クリームチーズの味噌漬け。

お友達から教えてもらった、「クリームチーズの味噌漬け」
お酒のおつまみに、ウマー♪です。

クリームチーズをかってきます。
ガーゼで包みます。
味噌とみりん(適量)をまぜまぜして、ガーゼの上から塗ります。
ラップをして、冷蔵庫で3日ほど寝かせます。
食べるときは、ガーゼを開いて切り分けて。
七味をふってもおいしいです。

残った味噌はまろやかなお味。
きゅうりにつけて食べてもgoodです。

休日の昼間からのんびりと
ワインなどあけてみるのもいいかもしれません
今日仕込んでおけば、ゴールデンウイーク後半に楽しめますね。
お試しあれ。


JUGEMテーマ:つぶやき。

村上牛お昼ごはん。

080323_1239~02_0001.jpg
いただきました〜
おいしかった。

「佐州国」
「村上牛お昼ごはん」(限定10食)

カツサンド。

日帰りで東京に出張した。

オットがいつも
帰りの車中で食べるのが楽しみだといっていたカツサンドを
ワタシも食べてみる。

おいしかった。

野菜も食べたいから、やっぱりミックスサンドにすれば良かったと反省。
それでもオットと同じ体験ができて嬉しい。

焼きたてのパン。

ベーカリーの前を素通りするのは難しい。

日本人だからもちろんご飯も好きだけど、
ベーカリーで買う、おいしいパンが大好き。
昔、買ってきた焼きたてのパンの
ものすごくいい香りにどうしても抵抗できず
すぐにばくばくたべてしまったことがあった。
まだ切るのも難しいくらいの、温かいパン。
何もつけないで、そのまま味わった。

父はパンが好きだった。
三角に切った黒パンや、甘食も
みんな父に教えてもらった。
実家の朝食がいつもパンだったのは、父の好みだったのだろう。

出かけた先でおいしいパン屋を見つけるのは、楽しみのひとつである。
ちょっと固めの、全粒粉を使った胡桃入りのパンをワインと一緒に楽しむのも
美味しくてしあわせ。
今が旬のトマトを使ってブルスケッタを作れば、ワインもすすむ。

お酒。

決して大酒飲みではないけれど、
お酒は好きだ。
実は酒にはめっぽう強い。母譲りである。
一緒に飲むといつも、
「一本ずつじゃぜんぜん酔わないねえ〜」と
顔を真っ赤にしたオットを苦笑させているのである。

最近はCAVAがお気に入り。
飲みながらおいしい料理を食べたり、
いろんな話をするのが楽しい。
むしろ話すより聞くのが好き。
普段はなかなか聞けないような話を聞けたり、
相手の知られざる一面が見られることもある。
何よりも相手が楽しそうにしている様子を見るのは
実に嬉しいことなのだ。

外で飲むとき、昔から自分に課している決まりごとがたったひとつある。
「女たるもの、家のドアを開けるときには
しゃんとしていられるような飲み方をする」ということ。
みっともなく酔いつぶれるようなことだけは決してすまいと
心に決めているのである。

食いしん坊日記。

ムスメと、梅酒を作った。
母に教わったとおりに、ふたりで梅のへたをとり、
ふきんでキレイにふいて、氷砂糖と瓶に入れる。
果実酒用のブランデーを注いで、日付のシールを貼る。
瓶がもうひとつ見つかったので、もう一本漬けるつもり。
こんどは黒糖焼酎で作ってみるのもいいかもしれない。

それから「食欲みそ」(by 高山なおみ)も作った。
味噌にみりんと酒、
薬味(ねぎ、にんにく、みょうが、しそ)のみじん切りを混ぜるだけ。
きゅうりにつけてもろきゅうにしてもよし、ご飯にのせてお茶漬けにするもよし、
冷蔵庫で保存がきくので
夏の間フルに活躍してくれそうな予感。

・・・というわけで
また食いしん坊日記になってしまった。
新しくカテゴリにしてしまおうか。
<<back|<1234
pagetop