June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2016年に観た映像作品

暮れなので今年も記録しておく。Googlecastのおかげでテレビに映すことができるからHulu多め。

■映画館
アイアムアヒーロー
シン・ゴジラ
この世界の片隅に

■Hulu
映画
ものすごくうるさくてありえないほど近い
黒い家

アニメ
「ほしのこえ」
雲のむこう、約束の場所
東京喰種
東京喰種√A
Psycho-Pass

ドラマ
True Detective
メンタリスト

■テレビ
映画
パイレーツ・ロック

ドラマ
真田丸
てるてる家族  

なんだかやたらとアニメを観た。
Huluだと一気に見られるのがいいところ。
「東京喰種」は珍しく原作を読んでみたくなった。何といっても絵が綺麗。
「Psycho-Pass」はもっていきかたがうまい。さすがは総監督が本広克行だけのことはある。
「ブレードランナー」的な世界観でグイグイと引き込まれる。

そうそう「てるてる家族」の再放送を見ることができたのはとても幸福だった。
今年の前半 毎朝のお楽しみだった。もう一度観たい。
リアルタイムで観なかったのが惜しまれるほどの出来。

「ものすごくうるさくてありえないほど近い」はとにかくとても良かった。
うまく人に伝えることができないのだけれど
とてもとても胸にしみたし
必要な映画だったのだと思う。
こういう映画を作れるアメリカはまだまだ捨てたもんじゃない。

ちなみにこの他に「秒速5センチメートル」を1回と「言の葉の庭」は3回くらい観たことを記しておく。
新海誠作品は基本的に「甘酸っぱい」。永遠の中学生。
「言の葉の庭」はついに小説も買った。これから読む。
「君の名は。」をまだ観に行けてないのが今年の心残りだけど
たぶん近いうちに行けるでしょう。

Light & Shadow



世界の見え方が変わってきた

色でできた世界から
光と陰の世界へと

ペーパームーンが
球体であることを
ようやく理解したこどもみたいに



miss you


とても
哀しい
夢を
みたんだ

もう
逢えないって

そう告げられた

そうなのかもしれない
でも
そんなことばは
きかせないで

いつかまた
逢えるかもしれないと
おもわせておいて


Rain



朝から雨でゆううつだったとしても
クルマのラジオから流れてきた曲で
救われることもある

外に立ってなきゃならないとしても
漂ってきたキンモクセイの香りで
笑顔になることもある


連休なのに家で寝ているしかない。



先週から10日くらい体調不良が続いている。
熱が出て3日も寝込んだり
5日間頑張って仕事したものの
結局この週末も微熱で寝ている始末。

せっかくのおやすみも
体調が良くないと全然つまらない。
海外ドラマを観まくるくらいしかやることがないし
何を食べてもおいしくないし
どこへも行けやしない。
このまま治らなかったらどうしよう とか
いらない心配をする癖は治ったけれど
とにかく早く元気になりたいものだ。
やれやれ。
久しぶりに書いたブログなのにこんな内容だっていうのもつらい。


たとえばシナモンをほんのひとふり。



あなたのことばには愛がみえない
愛があってもつたわらない
きっとほんのすこし
何かが足りない



(スパイスを ほんの ひとふり)



ほんとは愛があるのだとしても
伝わらなければないのとおんなじ
あなたもさびしい?
わたしはさびしい

さびしさを知らないあなたは
きっと
つよい

さびしさを知ってるわたしは
でも
よわくはない


<<back|<12345678>|next>>
pagetop