June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2017年に観た映画とかドラマとかアニメとか。

思ったより少ないみたいですが

ドラマもアニメも本数があったり

ここにはあげてないけど再度見直した作品もあるので

実際にはもっと視聴していた。


5月のゴタゴタで

Huluからネットフリックスに乗り換えた。

Netflixオリジナル作品のクオリティもなかなかのもので

Mindhunter(マインドハンター)は自分の中でも見応えがあった。

さすがはディヴィッド・フィンチャーですね。


on Hulu

   オリーヴ・キタリッジの生活 ★★★★★4話からなるドラマ。奥深くてとても好き。


on Netflix

 Still Alice(アリスのままで)★★★★若年性認知症の話。切ない。

 Sully(ハドソン川の奇跡)★★★★トム・ハンクス すっかり重鎮

 The House of Small Cubes★★★★泣きます

 モノノ怪★★★★★これはもう殿堂入り。自分の中で薬売りさんブーム。

 Bottom of the World★デヴィッド・リンチっぽい

 Limit(リミット)★★閉所恐怖症の自分が意を決して観た。ひょおおおおおお!ラストが!ラストが!

 Force Majeure(フレンチアルプスで起こったこと)★★★★女性にオススメ。男性にはオススメしません(笑)

 Mindhunter★★★★「羊たちの沈黙」好きにはオススメ!

 The Imitation Game(イミテーション・ゲーム)★★★★★これは思わぬ収穫!!もっと観たくなる良作。

 Apt Pupil(ゴールデン・ボーイ)★★★★人間の恐ろしさがよく描かれていて スティーブンキングの映画化にしては良作に入ると思う!!!

 Intersteller(インターステラー)★★★★★今更観ましたがとても良かった。3時間あっという間。

 昭和元禄落語心中★★★★★最近落語劇が気になっていてこれに出会った。声優さんすごい。そして主題歌もナイス。


on iTunes

 Before Midnight(ビフォア・ミッドナイト)★★★★前二作観てきたので三部作の最後も観た。主人公ふたりの会話が95%を占めてる。脚本とは思えないくらいの緻密さ。


その他

君の名は。★★★★★キャラデザインはイマドキすぎて苦手な絵なんだけど 脚本の絶妙さに唸った。良かった。 

宝石の国★★★★★ムスメのオススメで観始めた。キャラ設定の絶妙さとグラフィックの美しさと戦闘シーンの迫力。



to the airport




ムスメの見送りのため
東京駅からバスに乗った
雨の高速道路

cozy corner



逃げ込める
場所があれば
安心できるよ

ひとりになって
一息つける
心地よい空間なら
狭くてもいいんだ

すこしのあいだ
ほっといてくれれば
きっと
元気をとりもどすからさ

more than words



声になったコトバは
空気に溶けて消えるけれど

文字にしたコトバは目に焼き付いて残る

耳で聴いたコトバは
だんだん薄れていくけれど

読んだコトバは繰り返し語りかける

それがやさしいコトバなら
余韻を味わえるけれど
冷たいコトバは
棘のように刺さって抜けず痛み続ける


Life is ...

ツライとか
シンドイとか
口に出しては言わないけど
ほんとは

言っちゃうのもアリだし
言わないのもアリだ

うん

みんな
いろいろあるんだよね

とにかく
ごはんたべて
わらって
そしてねむる

ごはんたべて
わらって
ねむる

grow up



非常時でもオロオロしないこと。
感情よりも理論で行動できること。
すぐ怒りを露わにして人を操らないこと。
自分に起こっている出来事や自分の感情を俯瞰できること。
相手の気持ちを想像しつつ自分の問題と切り分けられること。
(いい意味で)鈍感であること。


Tak.さんのエントリー「成長すると良いでしょう」を読んで考えてみた「成長」のファクター。

だけど
たくさん傷ついたり
たくさん哀しい思いをしたり
たくさんつらい思いをしないと

こんなふうにはなれない気がする。

<<back|<123456>|next>>
pagetop