春も夏も秋も冬も
あなたをずっとおもっている
笑いながらあるいていこう
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 甘口辛口 番外編 | main | 10年後のあなたへ。 >>
雨の名前を知っていますか。
うちの地方も昨日いよいよ梅雨入り。

『ダ・ヴィンチ』を眺めていたら
雨の名前についての記述を見つけた。

■天津水(あまつみず)
古語では雨は「天津水」「天水」と呼ばれ、次第に「あめ」に変化したという。
■猫毛雨(ねこんけあめ)
こまかな雨を猫の毛にみ見立て、佐賀県唐津市では小雨、宮崎県日向では霧雨をこう呼ぶ。
■雨夜の月(あまよのつき)
雨の夜は雲に覆われて月が見えないことから、会えない恋人のたとえとして使う。
■卯の花腐し(うのはなくたし)
卯の花の咲く頃、降り続ける長雨で白い花が痛むのでこう呼ぶ。夏の到来を告げる雨。
■白雨(はくう)
夕立。明るい空から降る夏のにわか雨。長崎の方言では「婆威し(ばばおどし)」。おばあさんもびっくり?
■青葉雨(あおばあめ)
青葉を濡らす雨。「翠雨(すいう)」ともいう。青葉から雨が滴る様は「青葉時雨」。
■天泣(てんきゅう)
空に雲がないのに細かい雨が降ってくる。お天気雨の不思議さを「空が泣いた」と呼ぶなんて。徳島では「虹の小便」。天も笑い出すような呼び方が。
■小糠雨(こぬかあめ)
霧のように煙さながら降る細かい雨。長野では「ちらさ雨」と呼ぶ。
■銀箭(ぎんせん)
「箭」は矢のこと。夕立を銀の矢が降る様見立て。
■送り梅雨
梅雨が明ける頃の雷を伴う雨。やれやれと思ったらまた雨が降ってくると「戻り梅雨」と呼ぶ。
■男梅雨/女梅雨
ザーッと降ってさっと上がる梅雨は男梅雨。
いつまでも降り続く梅雨は女梅雨。

雨についてこんなに表現に種類がある国も
めずらしいかもしれない。
日本は水の国だ。

もともと雨の日はけっこう好きなのだ。
でもまたそう思えるようになって本当に良かった。
(豪雨はもうご免だけれど)
>ひみこさまへ
こちらこそ、TBありがとうございますっ!
まだまだ知らないのがたくさんあるんでしょうね〜^^

仲良しで、うれしい〜(*´ -`)(´- `*)
ひみこさま♪ | 2006/06/16 17:29
トラバありがとでーす。
すごいよねぇ、こんだけあるって
オドロキーーー!!

そして 雨について 同じ日にエントリしてた
アタシたちって 仲良しさんだね、って 思ったりしてしまいまいした。(#^.^#)
ひみこ | 2006/06/16 12:58
COMMENT









Trackback URL
http://chilny.jugem.jp/trackback/92
TRACKBACK
今朝の東京地方の天気はザーザー降りの雨で、私も子供と同じく長靴を履いて出かけたのだが、マイミクのちるにーさんが「雨の名前」について日記に書かれていたので紹介。 □嵐の雲もはるか上は上天気 | 雨の名前を知っていますか。 親が俳句をやっている所為で私も季語
[雑感]雨の名前 | Not My Cup of Tea | 2006/06/16 15:10
実に 梅雨っぽい天気の愛知の朝でございます。 今日は 雨になる予報でございます。 で たった今やった テレビの天気予報で  ざーざー降りになる って言った気がしたんですが。。 普通なら どしゃ降り 大雨の予報 あまあしが 強く なんて
雨の言い回し | ひみこのここヨロ | 2006/06/16 12:56