October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

かもめ食堂

評価:
群ようこ,荻上直子,小林聡美,片桐はいり,もたいまさこ
バップ
¥ 4,072
(2006-09-27)
Amazonおすすめ度:
以前から気になっていた『かもめ食堂』をついに観る機会を得た。
雑誌で言うと『ku:nel』の世界。
背景はそれほど詳しく語られない3人の日本人女性が、フィンランドのヘルシンキで偶然出会う。
彼女たちのかもめ食堂での日々が淡々と描かれていく。
ワタシが感じたテーマは『おいしいものを食べてもらうシアワセ』だ。
観ているうちにコーヒーは飲みたくなるし、おにぎりも食べたくなるし、シナモンロールも食べたくなるのでダイエット中の方はご注意を。

画面の色彩がきれい。水色がとても印象的だ。北欧のすっきりしたインテリアもいい。
なにより小林聡美の存在感がとても際立っていた。

一緒に観ていたムスメは『歌手になる夢はやめて、食堂をやる』と言うほど気に入った。

派手な事件が起こったり、すごいサクセスストーリーだったりするわけではない。平凡な日常、なんでもないとるにたらないこと、おいしいものを提供すること、好きなことだけやる、つまりはやりたくないことはやらない、そんな生き方を選んだひとの映画だ。
まじめに、地道にやっていれば、いつかお客さんはやってくる。それでも来なかったら、それはそのとき考える、と主人公は言う。その考え方には共感する。

かもめ食堂にぜひ行ってみたくなった。
でも、ちるにー食堂も、ヨロシク(笑)

comments

   

trackback

pagetop