September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2018年に観た映画とかドラマとか。

Netflixでいつでも観られると思うと案外観なかったり、 

どれを観ようかその日の気分に合うものが見つからないうちに 

カタログを眺めただけで満足してしまったりで 

本数はそれほどない。

観た後の気分まで想定して選ぼうとする自分はちょっと行き過ぎていると思う。

心配でざっくりとした内容を検索してから観たりする。(ネタバレは読まないようにして)


以下Netflixにて

◼ I am the pretty thing that lives in the House(呪われし家に咲く一輪の花) ★★★☆☆

朽ちていくということを肌で感じられるような不思議な作品。大げさに脅かす演出はないけれど、怖い。ホラーを観たいけど脅かされるのが嫌いな人でも安心して?観られる作品だと思う。


◼Journey to Greenland ★★★★☆

演劇を学んでいる、わりとチャラいフランス人男子が友人と2人でグリーンランドに移住した父を訪問する話。グリーンランドの暮らしが新鮮。何か事件が起こるわけでもないけれど、彼らと同じ目線でグリーンランドを訪れた気分が味わえる。こういう作品は割と好き。


◼Gravity 

封切時に映画館で観たのでもう一度みてみた。やっぱりすごい。ジョージ・クルーニーがいい味出してる。


◼Room237 ★★★☆☆

映画「シャイニング」が好きな人たちのシャイニング愛。


◼Tickled ★★★★☆

たまたまネットで見かけてなぜか気になったので鑑賞。これは本当に異色の作品。まさかこんな展開になろうとは。これ、ドキュメンタリーです。予備知識なしで観るのがおすすめ。この作品から、後述のDark Touristへ繋がる。


◼Dunkirk ★★★☆☆

話題だったので観たけれど、戦争映画はやはりつらくて苦手だ。


◼Queer Eye Season2 ★★★★★

大好きなfav5が帰ってきた!元気がでない時にはこれを観る。彼らは本当に素敵だ。


◼Dark Tourist ★★★★☆

近年よく耳にするようになったダークツーリズム。世界のいろんなところへ旅するのだけれど、いずれも「ワケあり」。知らなかった事実が出てきて仰天。福島でこんなツアーやってるなんて!しかも…(観てください)

恐れずに  いや恐れながらもどんどん取材をすすめるジャーナリストって凄いな…と思った。


◼昭和元禄落語心中 (アニメ)★★★★★

今年最大の収穫。落語大好きになった。後述のドラマと合わせて、ハマった。


◼Finding Vivian Maier ★★★★☆

謎の写真からわかってくるヴィヴィアン・マイヤーの人柄、生き方が興味深い。彼女の写真をもっと見たい。


◼Malevolent ★☆☆☆☆


◼Enter Nowhere ★★★★☆

地味だけれどよく練られた脚本と演出。舞台でもやれそう。面白かった。


◼Bird Box ★★★☆☆

サンドラ・ブロックはやはり強い。ジョン・マルコビッチのスパイスが効いていた。

脚本も割とよくできていた。多少のツッコミどころはあるけれど。


◼Black Mirror ★★★★☆

イギリスの"世にも奇妙な物語" どのエピソードも近い将来に起こりそうなことが描かれる。

テクノロジーがどれだけ進歩しても  きっと人間の本質はそれほど変わらず、つらさは続くような気がしてため息。


1月に映画館にて

◼Three Billboards Outside Ebbing, Missouri

★★★★☆

何て言っていいかわからない作品。わたしは好き。観た人によって感想が大きく異なる気がする。


年末テレビで

◼昭和元禄落語心中(ドラマ)★★★★★

アニメが良かっただけに、ドラマ化が決まってキャストを見たとき、えー?!と思ったけれど、演技も演出もよく大満足。

役者が落語をやる作品がなぜか好きだ。


comments

   
pagetop