May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ピーマンの肉詰め。



ピーマンの肉詰めをスープ煮にすると
とてもおいしいのでよく作る。
作るときにはいつも
脳裏に思い浮かぶ出来事がある。



親友Yの4才年上のお姉さんは
東京の美大に通っていた。
高校生の頃 親友とふたりで
お姉さんのアパートに遊びにいったことがある。
たしか秋の連休だったと記憶している。

お姉さんは夕食に
ピーマンの肉詰めを作ってくれた。
なぜか母はほとんど作らなかった
その目新しい料理はとても新鮮だったし
わたしは料理をしたことがなかったから
お姉さんが台所に立つ姿を見ながら
その暮らしぶりにひそかに憧れた。
暫くするとお姉さんの恋人もやって来て
みんなで一緒にごはんを食べた。
ドラマで見るようなオトナの世界だ。
本当にこんな生活があるのだとドキドキした。



結局 いちども
独り暮らしをすることはなく
今に至っている。
料理は好きだ。いつの間にか ちゃんと作れるようになった。

お姉さんは地元へ戻って
数年後に別の人と結婚した。

あの日のことは
なぜか今でもよく覚えている。

comments

   
pagetop