September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Fur/ダイアン・アーバスの想像上の肖像

なんというか きらいじゃないんです
こういう映画。
好きキライがはっきり分かれちゃう映画だと思うし
オススメとは言い切れない。

実在の人物ではあるけど
内容はフィクションというオマージュな映画だからこその
矛盾点には目をつぶって
なんでちらっと見ただけであんなに心惹かれちゃうのかとか
彼女の情緒不安定の原因の描き方が不十分とか
いろんなこまかいところのツッコミはなしでね。

とにかくニコール・キッドマンはキレイだ。
ロバート・ダウニーJr.は顔が出なくてもかっこいい(笑)
声だけでうっとりしちゃう。

最初ひっつめた髪に首元までボタンをきっちり留めた服の主人公が
次第に髪をゆるくまとめ 胸元の開いた服をまとうようになり
部屋の中は乱雑になっていき
そんなふうに心情が描かれていきます。

(邦題が舌噛んじゃって言えないんですが。)


スタンリー・キューブリックはカメラマン時代に
ダイアン・アーバスに師事していたということもあるらしいです。
シャイニングに出てくる双子の女の子を連想させる写真とかもあり・・・
ダイアン・アーバス 画像








comments

   
pagetop