September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Point of no return



その年の12月8日
友だちが切羽詰まった声で電話してきた。
「ジョンが死んだ」
彼女はジョンのファンだった。

当時 ジョンの良さがよくわかっていなかった。
甘い声ときれいなメロディーラインのポール・マッカートニーのほうが
どちらかといえば好きだったから。

もっとおとなになってから、ジョンの曲や詩の深さがわかったのだった。
撃たれた時 彼がまだ40才の若さだったということを知り あらためて驚く。

気づけばずいぶん遠いところまできてしまった。




comments

   
pagetop