September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

花火。どこから観ても。



子供のころ、
花火は
自分の方を向いて開いてくれるものだとばかり思ってた。

向日葵みたいに。

だから子供心に、心配してた。
「真横の方角に住んでいる人は
薄い光の線しか見えなくて、
可哀想だね」

と 母に言ったら


苦笑された。



球体、だったのね。

どどーん。








JUGEMテーマ:日記・一般

comments

   
pagetop