春も夏も秋も冬も
あなたをずっとおもっている
笑いながらあるいていこう
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
はじめてのアイロンがけ。
先日、オットが
「自分でやってみたいんだけど、教えて」
というので

まずは パンツのアイロンがけを。

とはいえ
アイロンの使い方から指導。

全部抱え込むことはむしろ
彼の成長する機会を取り上げていたのかもしれないと思った

いろんなことにチャレンジしてみてください。
次はワイシャツに挑戦だ!



JUGEMテーマ:日記・一般


ひひーん。

オット、山形からのメール。最上義光さんだそうです。
ホワイトデーに縁のない女。
He said
「お返しを期待してチョコを贈るなんて
けしからん」

筋は通っている。うんうん。


・・・・


でもバレンタインにチョコもらって、嬉しかったでしょ?

もらえたら嬉しいよね〜
そうだよね〜
(>_<)


JUGEMテーマ:つぶやき。


トムとジェリー。
bag
テレビで「ルパン三世」を見ていた。
ルパンと銭形警部って、トムとジェリーみたいだよね。
という話になって

トムとジェリー、どっちが好き?

聞いてみた。

オットはジェリーが好きだ、と言う。賢いから。
彼の弟はトムが好きだったらしい。
今思うと、トムの純粋さも憎めないよね。

そんな話の流れから
急に思い出したと話してくれた。

あるとき、彼のお母さんがトムとジェリーのぬいぐるみをくれた。
きょうだいはケンカもなく、それぞれ好きな方を手に入れた。

そのジェリーのぬいぐるみを、オットは小学校に上がってしばらくの間
枕もとに置いて寝ていたという。

ほほえましくて、なんだか、可愛いエピソードだ。






消臭リキ。
オットの携帯の着うたは
某エ※テーの
「消臭力 トイレット編」

♪消臭力〜
トイレダイスキ〜
消臭力〜
ボォクもすきぃ〜
素敵なトイレにぃ〜
しょーしゅーりきー♪



(-_-;
うれしそうな一方で、
会社で鳴ったらマズイかな、とドキドキしてる。
へんなやつ。

「消臭プラグ」の歌もすきだな〜。ちょんまげ似合うし。
萌え〜?メガネ男子。
かっこいいんですよ。
似合うんですよ。

こないだ作った、メガネ。

誰って?
うちのオットです〜。

そのメガネかけて他の女子と会うの、禁止〜!
しずちゃんいらっしゃい。
南*キャン*ィーズのしずちゃんが自分のヨメだった。
なんといっても大きい。
豪快だ。
なんでオレはしずちゃんと結婚してしまったんだろう。
もう終わりだ…


今朝オットがみた夢の話。夢のなかで困惑しているところが笑える…。
しずちゃんごめんね。(笑)
夢だから許して…。


ぐんけい。
先日、出張で名古屋に泊まったオット。
営業の人と一緒に入った店は「軍鶏」の店。

メニューを見て
同行の営業の人「ぐんどり?」
オットは「ぐんけい?」

店の主人は苦笑していたらしい。
読めますか?(正解は最後に)

そしてせっかく名古屋へ行ったというのに、
名古屋グルメは食べてこなかったそうだ。
「手羽先」とか「エビふりゃー」とか「きしめん」「味噌煮込みうどん」
「味噌煮込みおでん」「味噌カツ」
そして「モーニング」とか「だるま寿司」とか。
へるまんさんごめんなさい。




正解は・・・
続きを読む >>
人のココロは変わりやすいものなのね。
常日頃から抜け毛に対する恐怖心を抱いているオットが
昨夜見た夢を今朝笑いながら話してくれた。

髪がごっそり抜けた夢。
被曝したかのように束でごっそり抜けた。まるで温水洋一みたいにww
それだけでもショックを受けている彼にワタシが
「もうリコンね」と言ったのだそう。
『いつも「髪がなくなっても愛してるからね」といっているのになによ〜』
と抗議したら、オット曰く
「確か前にそう言っていたのに、人の心は変わりやすいものなんだなと
夢の中で思った。まあ仕方ないやと。(笑)」

ヘンな夢。
ワタシはめったに彼の夢に出てこないのに
出たと思ったらその発言とはなんだよお〜。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。

それにしても彼の恐怖心がよく現れた夢である。
オットの夢。
歴史ものや戦国時代が大好きなオットの
定年後の夢は、
日本全国の城めぐりをすることだそう。

ワタシはそのころすでに足腰が弱っていて、きっと連れて行ってもらえない。
(定年制が変わって65才なら、なおさら!!!)
なんて思っていたら、
「連れていくけどホテルでお留守番」だそうな。
それでも連れて行ってくれるなんて嬉しい。
家で独り待っているよりは断然いい。
「生きていたら、連れて行ってね。」
と言うと

「でも多分オレのほうが先に逝くかも」

いやそれよりも、定年のない
生涯現役を強いられる世の中になっているのかもしれない。