春も夏も秋も冬も
あなたをずっとおもっている
笑いながらあるいていこう
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
4年に1度しかない時間。


今日は何日?

2月29日

2月に29日なんてあったっけ…?

4年に1度 閏年だよ

ああ そうか

4年前の今日は何してた?

何だったかな 覚えてないや

じゃあ 何か特別なことをしようよ

特別なこと?

普段はしないようなこと
たとえば、買ったのに一度も着ていない服を着るとか

そんなのないよ

ちょっぴりぜいたくな食事を食べるとか

残念だけど もうお腹いっぱいだ

せっかくだから記憶に残るようなことをしたいのに

いつもと同じじゃもったいない

なにがいいかなあ

迷ってるうちに終わっちゃうね

普通の月曜日みたい

月曜日は月曜日だから そこは考えない

つまんない

つまんないね

次の閏年までに考えておこうよ

それまで元気かどうかわかんないよ

地球上に人類がいなくなってるかも

それならそれでもいいや

人類がいなくなったら 閏年なんてものもなくなるね

ホットミルクでも飲もうか

ラムを入れてね

オッケー



奇数。


昔から奇数が好きだ。割り切れないところが好き。一筋縄ではいかないところがかっこいいと思う。奇数はシャープで男性的なイメージ 偶数はまろやかで女性的なイメージを思い描くのだけど それはあくまでも「個人的な感想」です。


記憶の中の夏。


もう
夏の日は
遠い記憶の彼方

遺されたひまわり
思いだすだけの
暑さ




おるすばんネコの目線。


まだかな
まだかえってこないのかな

いつも
ここから
みてる


かえってきた!

ごはんちょうだい
ごはん



おてての中に。
赤ちゃんのおてて
photo by masakazu wakui

ちいさなちいさな
あかちゃんのおてて

あかちゃんは
その手の中に
なにを握って生まれてくるのだろう

夢とか
愛とか

ちいさなあかちゃんは
とてもとてもいいにおいがする
肌着にもそのかおりがつく
なんども吸い込むと
ママはほんとうにしあわせなきもちになる

赤ちゃんはその手の中に
未来を持って生まれてくるのだとおもう

世界中のあかちゃんが
しあわせにすくすく育ちますように










JUGEMテーマ:エッセイ


ねえ。
ohiru_neko
photo by 193

ねえ
まいにち
どこいくの?

おでかけしないで
いっしょに
あそぼうよ

ずーっと
おるすばんは
つまんないよ

だから
いつもねてまってるの
そうすれば
じかんがはやくすぎるから

はやくかえってきてね
そしたらいっぱいあそんでね

なるべく
いいこでまってるからさ





JUGEMテーマ:エッセイ
ボクは飛べる。
civic

photo by civic





暗闇の中で

物心ついてから

ずっとずっと

ひとりだった。



あるとき思った。

ぼくはもう

外へ出るんだって。

そうすれば

なにかに出会える気がしたから。



今までの服を

ゆっくりゆっくり脱ぎ捨てた。

じぶんが

身軽になったのを感じた。



そのあと、チカラが

みなぎってきた。

そっと羽を広げてみた。



ボクは飛べる!



さようなら、今までのボク。

これから

世界をみてくるよ。

















JUGEMテーマ:エッセイ




自転車。
masakazu_wakui
photo by Masakazu Wakui

ムスメが自転車に乗れるようになったのは、
たしか幼稚園の年中さんくらいのときだった。
補助輪を外して乗れるようになるために、
オットが つきっきりで特訓してくれた。
あっという間に乗れるようになった。

ムスメに
「世界が変わったでしょう?」とたずねた。
彼女はほおを紅潮させて
「うん!!!」と元気よく言った。

自転車に乗ると
風を切って進む素敵な感覚が味わえる。
まるでジブリのアニメみたいに。

ワタシも
自転車に乗るように
バランスをとりながら
人生も渡っていけたらいいのに。
先をまっすぐ見ないと
行きたい方へは進めない。

そういえば
最近
自転車に乗ってないな。





JUGEMテーマ:エッセイ


「うんめいのひと」
kitten
photo by Masakazu Wakui


ボクの「うんめいのひと」は
あなた?

ママがおはなししてくれたんだ
ボクたち きょうだいにも
ちゃんと
「うんめいのひと」がいるって
むかえにきてくれて
だきしめてくれて
あそんでくれて
ごはんと おみずと
あったかいおふとんをよういしてくれるって

もし あなたなら
うれしいな
ボク。






JUGEMテーマ:エッセイ


コスモス。
コスモス
photo by Masato Sato


なんとなく家にいたくなくて
散歩にでた午後5時半。

毎日毎日 残暑が厳しいのに
いつのまにか陽の落ちるのが早くなっていた。
いつもなら晩ごはんの準備をしている時間。窓の外を見ることもあまりなかった。

夕暮れの道端に 見つけたコスモス。
風に揺れて囁く声がする。
「お家で家族が待ってるよ」

さて、そろそろお家へ帰ろうか。









JUGEMテーマ:エッセイ