春も夏も秋も冬も
あなたをずっとおもっている
笑いながらあるいていこう
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
入学おめでとう





卒業おめでとう



サクラサク



Happy Birthday


今日はムスメの誕生日。

精神年齢的には
ちょうど おなじくらいかも

おめでとセブンティーン。




外套デビュー。


ムスメが沖縄へ行っているあいだに
こちらは雪が降ったり積もったり。
帰ってきてみれば
あちらとの気温差は20℃近く。

風邪には注意です。

そういえば
喋りすぎで
声が枯れてた。

楽しかったんだね。



夏休みの宿題は。


夏休みが終わりに近づいてきて、
終わっていない宿題を焦って片付けているムスメ。

小学校の時から、手伝ったことはない。
親が手伝うのが前提の宿題なんて、そんなのまちがってる、と思う。

結果的には
ちゃんと自分で何とかできるように育ってくれた。

高校生になったいま
「宿題終わったの?夏休み終わっちゃうよ」などと言おうものなら
「わかってるよ!小学生じゃないんだからね」と
逆にムスメからたしなめられる始末。
余計なことを言いました、はい。

きのうもきょうも
徹夜してがんばってます。

昼間寝てるけどね。







先回りしすぎないこと。


ムスメはひとりっ子だから、
彼女からすると常に監視下にあるような感じだろう。
ついつい 先回りして
頼まれもしないのに
あれやってあげようか、これやってあげようか?と
世話を焼いてしまうけど
それでは彼女が自分の希望を伝えることを知らないまま
社会に出ることになってしまう、と思い

あえて気が利かない作戦をとることにする。

天候が悪く送ってほしいときや
何かをやってほしいとき
いわなくてもやってくれるだろう、ではなくて
きちんと自分の望みを言える人になってほしい。
さらには、感謝の気持ちも伝えられるといい。

写真は かわいくて放っておけない
ウチの長男、ビビのカメラ目線。



JUGEMテーマ:育児


あった!
決戦は月曜日。
ムスメからの手紙。


ムスメの卒業に向けて書いた手紙の
返事をもらった。


彼女の、今の、本心、本音が書いてあった。


我が身を振り返って
反省しきりの母です。


彼女は自分の足でしっかり立って
これからの人生を生きていくだろう。


ここまで育ってくれて、ありがとう。
ここまで親を育ててくれて、ありがとう。