春も夏も秋も冬も
あなたをずっとおもっている
笑いながらあるいていこう
<< August 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
It's not me, it's You


山田ズーニーさんが講師の
表現力ワークショップに
参加してきた

ズーニーさんは
受講生の
「お産婆さん」になってくれるという

あるひとに届けたいメッセージを
書くという課題に
最初はキレイごとを思い浮かべてしまう

ワークで
自分のココロの
覗きこんでも見えない奥の奥に
いろんなことを問いかけていく
タマネギの皮をむくみたいに
薄皮を剥がして剥がして

相手になりきって
自分に言葉をぶつけてみたりと
格闘すること3時間
そしてついに
思いもよらなかった
感情を見つけてしまった

そうしてようやく見えてきた感情に
ピタリとハマる言葉を
集中して産み落とす作業

とても難産だった
もう投げ出して帰ろうかとも思ったけど
最後の最後にポロリと出てきた
本当に伝えたかった言葉

表現することを
絶対にやめたくないとおもった




円形脱毛。


今年度にはいってからというもの
ずーっと
後頭部が
こんな感じ。

髪が長いから
普段は
見えにくくていいけど
(風が強い日はヒヤヒヤしちゃう)

特効薬ないかな。



スリッパを新調。


…つま先が開いてるスリッパは
好きじゃないのよ
だって もし包丁を落としたとき
足の指に刺さるかもしれないでしょう?

そう言っていたのは母

その呪縛に囚われて
オープントゥのスリッパを
ずっと買えずにいたのはわたし

履いてみたら
とても涼しいのに

よくないと信じていたことをすると
すこーし 背筋がヒヤヒヤする

ひとつ ひとつ
解いていく日々




All or nothing at all



どこへも行きたくない
ベッドから出たくない
という気持ちと
すべて放り出して
どこかへ消えてしまいたい
という気持ちとの
せめぎあい

眠くてたまらないのに
疲れすぎて眠れない夜にも似てる

あと1日?
あとどのくらい?






Heaven can wait


誰も わたしを責めてない
誰も わたしを 咎めてない

わたしに いちばん 厳しいのは
じつは この わたし

明日でもいい
なにがなんでも
今日やらなきゃならないことなんて
それほど多くない

もっとゆったりかまえて
じぶんに優しく
じぶんに甘く




Don't hurry.


はじめから うまくやろうなんて
そりゃ無理だよ

うまくいかなくてもいい
いろいろ試して
失敗しながら
覚えていくんだから

遠回りに見えても
いちばんの近道

そして
うまくいかなかったとしても
それを楽しもう

正解はひとつじゃない